こんにちは。
最近、恋愛相談が徐々に増えてきています。
相談される方の多くが40代の女性です。

その多くは、恋愛対象の男性に対し「ダメンズ」であるという
認識があるものの、なかなか関係を断ち切れず、むしろ自分の方が
彼を追いかけてしまっている・・・・というケースも少なくありません。

なぜ、こんなことが起こるのでしょうか?

=ダメンズは甘え上手=

ダメンズの特徴としてあげられるのは、彼らがとても甘え上手で
あるということです。
これは、昨日今日培ったものではなく、おそらく生まれ落ちた時から
そうだったのではないかと思うほど、彼らにとって甘えることは当たり前であり、
自分のために誰かが動いてくれるのは「当然」と考える性分のように思えます。

一方、ダメンズにハマってしまう女性の多くが、母性本能が強く、
自分を頼ってくれる人に対して「優しくしてしまう」傾向にあります。
しかしながらこういった女性は、経済的にある程度自立していることが多く、
「強い女性」として見られるため、一見近寄り難い存在にも見えます。

そんなところに、無邪気に甘えてくるダメンズの到来は
「自分に甘えてくる数少ない人間」として、彼女たちの母性本能を一気にくすぐってしまいます。
多くのダメンズにハマる女性は、おおかたこのようなケースが多いようです。

そして周りの人々は口々に言うのです。
「どうして彼女はあんなにしっかりしてるのに、ダメンズばかりに引っ掛かるのだろう」と・・・

=ダメンズとそれにハマる女性との関係性は、鍵と鍵穴である=

経済的にある程度成功している女性たちは、意外にも心の奥底に
誰にも知られたくない、コンプレックスや悩み、叶わない夢・希望などを
抱えていることがあります。

なんでも自分一人の力で解決しようと頑張ってきた分、
弱みを他人に見せたいとは思いません。

ある意味この状態は「心に鍵を掛け」「平静を装っている」とでも言いましょう。

しかしながら、その鍵を容易に開ける人がいます。
それが「ダメンズ」です。

ダメンズは、無邪気で幼稚で明け透けで、隙があり放題です。
ツッコミどころも満載なことが多いです。
なんでも自分で解決してこようとした彼女たちとは、まさに真逆の生き方です。

でも、そんな彼らと一緒にいると、なぜかホッとするのです。
このホッとした瞬間が、彼女たちの心の鍵が開いた瞬間です。
その時だけ、鍵が開いているのです。

これまで誰にも抱いたことのない感情をもたらしてくれるのが
皮肉にも「ダメンズ」なのです。
鍵穴と鍵の関係です。

でも関係が長く続くと、「なんかおかしいな」「騙されているのかな?」「いつもはぐらかされているな」
そんなふうに感じてくることが多くなります。

でもその時は、もう夢中になっているようです。
嫌いだけど、嫌いになれない。騙されてるかもしれないけど、そんなふうに考えたくないと。。。

もし、今ダメンズにハマってしまい 悩んでいる方がいらっしゃいましたら
一度、ご自分の心の奥底にしまった「誰にも知られたくないコンプレックスや希望・夢」と
向き合ってみてください。
しかしながら、すぐには見つからないはずです。
そもそも、そんなものあるのか?と思うはずです。
そのくらい、深い深いところに押し込めてしまった感情や欲望です。簡単には見つかりません。

でもダメンズから抜け出すには、それを明確にしなければ始まらないのです。

ダメンズから抜け出したいと思う方は美花までご相談ください。
あなたの今が、希望通りにならないのはダメンズのせいではありません。

本当の原因を一緒に探しましょう。

美花

目次
上へ
目次
閉じる