前回は恋愛苦手さんシリーズ第1弾「人間として好意を持ってもらうために恋愛の意識はせずに人とコミュニケーションを取ることがはじめの一歩」という様なお話をさせていただきました。

では、人として好意を持ってもらえた次のステップ、気になる方へアプローチはどうすれば良いのかというお話です。

そもそも恋愛苦手さんだといい人が現れたとしてもアプローチの仕方がわからずなかなか踏み出せなくて諦めてしまいます。そんな方はぜひ「単純接触効果」を使ってみてください。

人は接触回数を増やす事で興味をもつという心理的現象があります。これを単純接触効果と言います。この現象を使えば恋愛苦手さんでも興味を持ってもらえるようなアプローチとして取り入れやすいと思います。

接触回数を増やすというのは、気になる方へのコミュニケーションを増やすという事です。挨拶をするだけでも接触回数を増やせます。毎日「おはよう」って挨拶するだけでも『知らない人』から『いつも挨拶してくれる知ってる人』に変化する様に関係性のレベルアップは期待出来ます。

相手が不快に思うくらい急に増やしてしまうと引かれる場合もあるのでペースは注意が必要ですが、徐々に回数を増やしていくのは有効な方法だと思います。

最近だとLINEやSNSの便利なツールでも接触回数が増やせるのでその際は、相手がこの人と連絡を取り合うと楽しいなと返事を返したくなるような内容だとより効果的だと思います。

まずはLINEなどのメッセージを送る際は相手が返事しやすい、軽い話題を振ってみてると良いでしょう。
 
例えば…

  • 一緒に経験した何かの話題
    学校や職場が同じで同じ苦難を乗り越えたとか、共通の話題を振る。

「昨日はお疲れ様。〇〇の企画、無事に終えれてひと安心です。手伝ってくれてありがとう。あの企画大変だったんじゃない?」
 
相手は経験し記憶している事なので返事がしやすいです。
 

  • 以前の話題の続き
    以前、会話や連絡をした時の話題の続きをネタとして振る。

「この間言ってたおいしいラーメン屋さんって何ていうお店だったっけ?」
 
自然な流れで話が続きやすいとおもいます。
 
 
このように恋愛の意識した内容ではなく簡単に始められる軽い話題からスタートさせる事でスムーズに話を進める事が出来ます。そして接触回数が少しずつ増えて行くにつれて興味を持ってもらえたり、話の流れからデートに繋げられるチャンスが来た時には勇気を出して一歩踏み出してみてください。

りな


難関のカウンセラー試験 突破【合格率0.3%】
厳選されたカウンセラーの


公式LINEを登録してくれた方には
【お試しメッセージ相談】をプレゼント!(300文字)

目次