新たな門出へのおくりもの

私は時々、不思議な感覚に陥ります。

今、なぜ私はここにいるのだろうと。

もちろん答えは“自分が選んだから”

なのに、前から、ずっと前からここに辿り着くような気がしていたんです。

今を決断するもっと前から。

それはきっと、「このために生きてきた」と言える瞬間なんでしょうね。

[いま]というその時を最も現実的に感じる。

あなたがもし今をそう感じていないのなら、きっと他に行きたい場所があるはずです。

他にしたいこと、他にほしいもの、他に感じたいこと。それがあるはずです。

私も時々「自分はなんのために生きてるのだろう」と考えます。

生きてる意味は天から降ってくるものでも人から与えられるものでもなく、[自分で創り上げるもの]なのに。

だから、自分の人生や生き方に満足していないのなら、“なにか” やらなければ。

いくつになっても何かに挑戦するのは遅くないなと身を持って実感します。

あなたが今の自分に、理由のわからない不安や不満を抱えているのなら、納得できるまで、何年でも、自分と向き合ってみませんか?

私は少し前に “自分から自由になる” と決めました。

何かにブレーキをかける自分、諦める理由を探す自分、無理やり考え方を変える自分。

その自分に支配されるのをやめようと思ったんです。

物事に『できない理由』って、本当はないんですよね。だってその理由は自分が考えたから。だから悩むんです、本当にできない事は悩みさえもしないのですから。

自分から解放されて、本当に自分らしく生きてみる。

そうできたなら、どんなに否定されても、「自分に嘘はつかなかった」と言える。

失うものもあるかもしれない。

でも、一番失ってはいけないのは、あなたの本当の心。

銀水あけ美

目次
上へ
目次
閉じる