(続編)誰にも知られたくない「コンプレックスや希望・夢」との付き合い方

7月のブログでダメンズについて書きました。今月はその続きについて書いていこうと思います。

7月のブログをまだお読みでない方は、一度そちらをご覧の上こちらを読み進めていただくと、より理解が深まると思います。

今回のテーマは見出しの通り
「誰にも知られたくないコンプレックスや希望・夢」
についてです。

コンプレックスは確かに誰にも知られたくないものだけど、希望や夢まで誰にも知られたくない・・・と
思う人が案外多いというところがポイントです。なぜこういった思考になるのでしょうか。

副題1:自分に自信がないと希望や夢を持つことさえ自信がなくなる

では、自分に自信がある人とは一体どういった人でしょうか?
私は「自分の人生の主役が自分自身と自覚している人」は
自信がある人だなと常日頃から感じています。

例えば、あなたがこれから人生の岐路において選択を迫られた時に、
どういうふうに選択するのかによって、自信のあるなしを図ることができます。

世俗の慣習をたくさん見聞きし、一般的な王道を選んでおけば安心と選択するのか
それとも、自分が「どうしたい」という気持ちを大事にして選択するのか?

自信がある人は自分の人生の主役が自分自身と自覚しているからこそ、
最終的に前述の「どうしたい」というような選択ができるのです。

一方、自信のない人々はいつも思考の先に「他者」がいます。
他者にどう思われるだろうという気持ちが、自分はどうしたいという気持ちを超えてしまっているのです。
これでは人生の主役は自分自身ではありませんね。

このように他者の目を気にするあまり、本来、思うがまま抱いて良いはずの希望や夢に対して、消極的になっていきます。
また、希望や夢以上に「自分はどうしたい」という気持ちを
心の奥底に閉じ込めてしまうのです。

副題2:自信のない私を求めてくれる それがダメンズ

ダメンズにお困りの方とお話をするたびに、二人の出会いの傾向はどのカップルもよく似ています。

ダメンズは、女性の心にぽっかり穴が空いた瞬間、すっと入ってきます。
7月のブログに書きました「鍵と鍵穴の関係です」

突然の出会いに衝撃を受ける女性。しかも最初の印象はあまり良くありません。
しかし、なぜか気になり、惹かれてしまうのです。

自信を失っている女性は恋愛にも消極的です。
そんな時にいろんな角度でアプローチしてくるダメンズは、かなり不思議な人に見えます。
しかし、そのうち自信のない私を求めてくれる唯一の人と認定し始めます。
こうなるまでに、それほど時間はかかりません。

・最初は楽しく過ごしています。
・そのうち、疑問が出てきます。
・しばらくすると、不満が出てきます。
・そのうち、諦めてこれが普通と思うように努力します。
・でもやっぱり、違うと感じながら我慢します。
・そして、とうとう、どうして良いのかわからなくなるのです。

ダメンズとお付き合いしている方は、ご自分が今どのあたりに
いらっしゃるのか?確認してみてください。

どうして自分はこんな男に引っかかったのだろう?
あの飲み屋に行ったのが悪かった・・・
あの人に紹介してもらったから、こうなった・・・
会社を辞めなければ、こうはならなかった・・・
もっと自分にスキルがあれば・・・
もっと若ければ・・・

などなどいろんな原因が思い浮かぶかもしれません。
でも、出会いや彼自身が原因ではないのです。

今一度、自分の人生の主役は自分自身であることを自覚し、
かつて心の奥底に閉じ込めた希望や夢を取り戻しましょう。

ダメンズからの真の離脱はこれ無くしては、困難です。

また一人で悩んでも、同じ思考の繰り返しが続き
なかなか解決や発想の転換に行きつきません。

誰かに話をしながら、心の整理をすることがアプローチとしては良い方法です。
ぜひ、話してみてください。

美花

目次