アダルトチルドレンってなあに?

今回は、アダルトチルドレンについてお話します。

◆アダルトチルドレンとは?

アダルトチルドレン・オブ・アルコホリックの略で、元々はアルコール依存症の親の元で大人に成長した人達を指していました。

アルコール依存症の親達のもとで育った人は自己破壊的とも呼べる他者への献身さをもつようになります。

しかし今では家庭内でトラウマを抱えた多くの人々に、同様の傾向が見られるため「親との関係で何らかのトラウマを抱えた成人」と定義されています。

では、どのような親子関係によりトラウマを抱えるのでしょう。

子供は本来、見て感じたことを言葉にし、怒ったり怖がったり、疑問があれば聞いたりして、自由に言葉で表現することで子供の心の発達があります。

表現の自由を許される環境が健康な家族機能となりますが、子供が自由を奪われて安心して成長することができない家族では、トラウマを抱えます。

このような家族を機能不全家族といいます。

(機能不全家族とは)

1 親(養育者)が精神的・肉体的に虐待をする家庭。

2 親(養育者)が多大な期待をしたり、子供が家庭内の不和などを見て調和させようとして、子供自身が大人の振る舞いをしなければならない家庭。

・他人や兄弟姉妹と比較される家庭。

・お金・仕事・学歴だけが重視される家庭。

・人の目を気にする表面だけよい家庭。

・親が病気がち、留守がちな家庭。

・よく怒りが爆発する家庭。

・性的、身体的、精神的虐待のある家庭。

                 など。

この中で、いろんなトラウマを抱えてしまいます。

たとえば、家族が不仲な中にいると、家の中は敵か?味方か?外でもそう感じやすくなりますし、恋愛関係など恋人との傷つけ合う行動なども、両親との愛着関係が影響していたりします。

これらの「機能不全家族」で適応するために身に着けた、間違った思い込みによる生き方は、大人になって社会生活を送る段階になると、子供の時に慣れ親しんだ適応性が通用しなくて困惑するようになります。

アダルトチルドレンの症状として

身体の症状だと、いつも緊張していて、眠りが浅く、頭痛、腹痛、全身の痛みが続いたり、それが高じて喘息や過敏性大腸炎などの身体の病気になりやすいかったり、

感情のコントロールが難しく多動になったり衝動的になったり空虚になったりし、対処策として、物質や行為に依存したり、

情け容赦なく自己否定したり、他者や世の中が危険で敵ばかりのように感じたり、他者と対等な親密な関係が結べなかったりします。

あと、日常のちょっとしたことをきっかけに、急に昔のことが思い出され、ぐるぐると考え続け、なかなか抜けだせず、不快な感覚や感情が蘇ったり、負担が大きくなると、急にシャットダウンしたように固まったり、真っ白になったりして、あまりその時の事を覚えてないということがよくあったりします。

程度の差こそあれ、アダルトチルドレンはとても多いです。

アダルトチルドレンだと分かったからと、親を責めるのではなく、自分らしく自分を自覚し生きていくこと、これが、大切です。

親も、もしかするとアダルトチルドレンであったのかもしれないのですから、苦しんでいたのかもしれません。

その連鎖を断ち切ることを目的とし、自分の子供達や次の世代に、この状態を引き継がせることをやめていく、そんな意識をもてるように考えていきましょう。

次回は、アダルトチルドレンの症状の1つの「共依存」についてお話しますね。

いかがでしたか?

少しずつ自己理解をしていけるお手伝いになれたらうれしいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

冬美

目次