遊ばれてても好きなとき

ただの遊びだとわかっているのに、私はいつもあなたのことを何よりも真剣に考えているのです。

恥ずかしい行為だと知っていながら、私の体はいつも無性にあなたを求めているのです。

意味のないことだと思いながらも、私はいつもしつこくあなたに想いを伝え続けるのです。

“しょうもないことですが、そうしていなければ、この心は黙ってくれないようです”

だから、嫌われることも疎まれることもイヤがられることも、受け入れながら、あなたとそれでも一緒にいたいのです

あなたが望まなくても、意味を感じなくても、重荷になったとしても、あなたの言うことを聞くのです

私が価値のある人間にはなれないこと

意識される存在ではないこと

大切にされる器ではないこと

すべて理解しているのです、ちゃんと

“だけど、好きなあなたを忘れるくらいなら、そんな人になりさがってもいいのです”

あなたは決して一人ぼっちにはならないから

あなたはどんなことをしても見捨てられることはないから

あなたがなにをどう捉えようと決して変わるものではないから

私が生きてる限りあなたの存在は否定されません

最後の抵抗をするよりも、

痒くもない刺激を与えるよりも、

効率の悪い駆け引きをするよりも

あなたがいま欲しくないものでも、孤独になったとき、何かを失ったとき、わからなくなったとき、あなたが振り向けばここに私はいますからそれが大事なのです

こんなに情けなくて、いかにも憐れで、

みるからに恥ずかしい人に思われてるのだとしても

“好きな気持ちを否定するよりはマシなのです”

目次
上へ
目次
閉じる