お別れを告げる時は傷付けること

あなたの優しさが胸を締め付けています

あなたの伝える想いは不安に変わります

あなたのいう友情はどこか違っています

私を苦しめたいと思ってるわけじゃないのは認めています。

だけど、あなたの私を見る目が切なくて。

あなたが求める姿が気が引けて。

あなたのかける気遣いが間違いでしかなくて。

どうか私たちは別の未来を見ていることに気づいて、別々の道を歩む運命にあることを飲み込んでほしいのです。

あなたがどんなに拗ねても、私を責めても、手を煩わせても、

それが愛情に変わることなどないのです

押したり引いたりしても、この心が揺さぶられることなどないのです

探ったり、疑ったり、試したりしても、あなたが気に留まることなどないのです

そんなとき私は、傷つけたくないという気持ちが募るだけで、気持ちは冷めるばかりなのです。

勘違いしないでほしいのは

あなたが求めているものは私の持っていないものだということ。

仮に、あなたを受け入れたとしましょう

私たちはお互いの求める重圧に負けて潰れてしまうでしょう

仮に、あなたを愛してみたとしましょう

私たちはお互いのすれ違いに何もかもが見えなくなるでしょう

そして、あなたを信じてみたとしましょう

私は、自分自身さえ信じられなくなるでしょう

大切な人に心開く瞬間が求められたとき、この心は嘘でまみれさせておきたくないのです。

本当にかけがえのないものを大切にしなきゃいけないとき、私は、この手を空けておきたいのです。

愛だの 夢だの 想いだの、私がなにかを感じている時に、

あなたはそこにいないのです。

何年も前にある人にこんな冷たい言葉を送りました。

可能性がなければ事実を伝えるということ、

不安定になっているならむしろ情はかけないこと、

本気で傷つけたくないなら嫌われる覚悟を踏むということ

どうしようもない時は、あなたを恨むほど、嫌われるほどに傷付けるのです。

それが、できたのなら、あなたは 本当にその人を“大切にした” と言えるでしょう

諦められない恋ほど苦しいものはないのです。

目次
上へ
目次
閉じる