「精神病のこと」

「精神病のこと」

こんにちは、椿です。

季節の変わり目は体調を崩しやすく、辛い日々を過ごしている方も多いと思います。

今日は「精神病のこと」についての私の日々の考えを書いてみようと思います。

私も長くうつ病や統合失調症を患っていて、発達障害もあり、調子のよい日や悪い日が続くことがあります。

皆さんはどうでしょうか?

精神病は軽いものから重いものまでさまざまですが、なかなか完治が難しく心の支えが常に欲しいと感じている方も多いと思います。私もそうです。

最近よく思うんです。私がこのあけみ相談室の一員となってから一年以上が立ちました。色々な方の相談を受けて、そして感じました。

私自身の病気は、皆さんに常に助けられています。

それは、皆さんの悩み、考え、感情を聞くことで、私が少しでも人の役に立っていると思えて、本当に嬉しいという事です。

皆さんのお話が少しでも解決できたら、本当に嬉しく感じます。

このブログを書いたのは、今の自分を支えているのは皆さんで、「ありがとう」を伝えたかったからです。

辛い事、悲しい事、死にたくなったりする事、世の中の人はなかなか助けてくれないですよね。

でも一人じゃないです。

あなたは孤独ではありません。

私は常に全力で、あなたの味方になります。

私は心優しい人間ではありませんが、少しでもあなたの心が軽くなったり、笑顔になれたら本当に嬉しい、とても嬉しいと思います。

ですので、あなたが間違っていても、悪いことをしても、いつも味方でありたい。いつもそう思っています。

泣きたい時は泣いて、笑いたい時は笑って、一緒に元気になりませんか?

今まで支えてもらった私ができる恩返しがしたいといつも思っています。

なんだか、愛の告白みたいですが、このブログを私はとても穏やかな気持ちで書いています。

「がんばらないで」「一緒に生きよう」「いつも味方だよ」

人生はとても長いです。ゆっくり一緒に前を向いて進めるといいな、、と思います。

精神病って本当に難しいですよね。

あなたの人生が少しでも穏やかになって、きれいな花が咲くように、少しの幸せを感じることが出来るように、、、一緒に泣いて、笑いましょう。

ぜひあなたの笑った声を聴かせて下さいね。

椿

目次